自分の話に興味を持ってもらうには??バカにされ続けた少年の主張

 

あなたは会話することが嫌になった経験はありませんか?

相手が全然興味を示してくれなかったり、反応してくれなかったり、、

でもそれって少し意識を変えるだけだいぶ変わるんですよ。

 

 

・普通に会話しているのに相手は何の反応もしてくれません。

・真剣に聞いているだけとも思えない表情をしています。

・話す時間を延ばすほど、相手の顔は辛そうな表情に見えてきます。

もし相手がこんな状態ならショックは大きいですよね。

ちょっとしたその場限りの相手ならまだしも、

もし、気になっている相手だったり、好かれたいと思っている上司だったりしたら、、。

 

しかし!!
それがもしあなたの会話に
相手の興味を”意図的に”引き寄せることができたら、

 

嬉しくないですか?

あなたが口を開けば、相手の意識はあなたの言葉にクギ付け。

話の続きが聞きたくて、ワクワクし始める人も出てくると思います。

 

 

私、つまらない話しかできませんよ。。。

 

でもそれ、勘違いかもしれませんよ??
そもそも、
つまらない話しかできない人なんて、
この世に一人もいないと思うんです。

生きていると、人はそれぞれ色んな体験をしますよね。

その体験って、
あなただけのオリジナルだと
思いませんか?

部活、バイト、趣味、
大学、会社、恋愛など、

誰でも体験できることがあります。

でも、あなたの体験と100%同じ人はいないんです。

大会の成績、職場の人間関係、仕事内容など違うわけですから、同じ体験なわけがないんです。

 

そこにはあなただけの
オリジナルな物語があります。

その体験をそのまま声に出したら、
相手は興味を持ってくれるようになります。

 

ただ、その体験を口に出すのって、意外と難しいと思います。

実は、相手を夢中にさせる魅力的な話し方があるんです。

 

ポイントとしては

  • 一番最悪だった話
  • きっかけ、プロセス
  • 今(現在)の姿

 

という順番で話すということです。

 

具体的に見ていきましょう。

 

 

 

STEP1:一番最悪だった話

ここでは感情的に最悪だった話をします。

 

言葉を選ぶときのポイントは、話すときあなたの頭に浮かんでいる場面を
相手にもイメージさせるようにすること。

話す言葉も相手の感情に訴えることができる言葉を選びます。

例1)「中学生のとき、授業中にオナラをしてしまい、クラス中の視線を浴びました。

一瞬で顔面がタコのように赤くなっていくのがわかりました。

『ヘコキン』というあだ名でバカにされるようになり、

唇を震わせて「プププ」とオナラの音を表現する嫌なヤツがいて、
すごく恥ずかしい学生生活を送ったんです」

 

STEP2:きっかけ、プロセス

ステップ1で「最悪な話」をした後、そこからどうやって挽回したのか話の中心になる部分です。

ここを話すときのポイントは3つ。

・心理的な葛藤
→このままではいけない。

・身近な敵
→クラスメイトにバカにされる。

・外部の敵(ライバル)
→先輩からもヘコキンと言われる。

 

この3つは、話すテーマによって変わってきます。

 

例2)『ヘコキン!とクラスメイトにはバカにされ、部活の先輩や後輩からも
言われるようになりました。

このままでは、惨めな学校生活になってしまう。

そう思った僕は、何か得意分野を見つけようと思ったんです』

 

STEP3:今(現在)の姿

ステップ2できっかけを言った後にあなたの結末を言います。

結末を言うときのポイントが、真実味を持たせることです。

ウソをついたり、話を盛った瞬間、あなたの話は疑わしいものになります。

 

例3)『得意分野を見つけようとした僕は、勉強に力を入れました。

ヘコキンと言われたくない気持ちから、1日2時間の勉強をするようになりました。

親に漫画ではなくて、参考書を買って欲しいと言ったときは、驚かれましたね。笑

そこから僕の成績は学年8位になったんです。

テストの答案用紙が返ってくると、見せ合うじゃないですか。

ヘコキンである僕の点数を見たクラスメイトは、もう僕をバカにしてこなくなりました。

日に日に、ちゃんと名前で呼んでもらえるようになりました』

 

要約すると

 

今回のはあくまでも一例ですが、

相手の興味を抱くように意識的、(戦略的)に話すことで受ける印象はぐっと変わります。

やることはたったの3つ。

・一番最悪だった話
・きっかけ、プロセス
・今(現在)の姿

 

もしあなたが誰かと話すのが苦手なら、今日から使ってみてください。

これまであなたの会話に1ミリも興味を示さなかった人が、食いついてきますよ。

まず、話し始めるときは、

最悪だった状態、(自分の隠したい部分)

をまずはじめにさらけ出すことで、相手の興味を引くとともに

相手は自分を受け入れてくれていると錯覚します。

つまり本音の部分を話してくれていると思ってくれるんです。

 

興味を抱かないとそもそもその人の話は入ってきませんので、

掴みを意識することが大切ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です