Googleアカウントの作成方法からGメールの設定まで

 

”Googleのアカウント”作成の手順

Googleアカウント新規作成画面

新しいGoogleアカウントを作成するには下記のURLへアクセスして下さい。

https://accounts.google.com/signup

 

こちらのURLから作成できますが、

上記の画面以外からでもGoogle検索画面の右上に表示されている

『ログイン』からも作ることができます。

 

Googleアカウントのログイン画面が表示されますので

「その他の設定」をクリックして下さい。

 

表示されたメニューの中から「アカウントを作成」をクリックして下さい。

 

アカウントを新規に作成する

 

それでは実際に作成していきます。

最初に行うのは「名前」「ユーザー名」「パスワード」の入力です。

 

 

名前」の欄にはご自身の「」「」を入力して下さい。

ユーザー名」には他のユーザーが使用していない

任意の名前を指定できます。

指定したユーザー名が同時に作成するGmailアカウントで

使用するメールアカウントにもなります。

 

例えば”☆☆☆”と指定すると、メールアドレスが”☆☆☆@gmail.com”の

Gmailのメールアカウントが作成され、

Googleアカウントのユーザー名も”☆☆☆@gmail.com”となります。

 

パスワード」はGmailアカウント及び

Googleアカウントにログインする時のパスワードとなります。

※Gmailのメールアドレスとしても使用される「ユーザー名」は

アカウント取得後は変更することはできませんのでご注意下さい。

 

次が「生年月日」「性別」「携帯電話

現在のメールアドレス」「」の設定です。

 

「生年月日」「性別」は必須の項目です。特に生年月日は後から基本的に修正はできません(例外もあります)。またGoogleアカウントは13歳未満の方は利用できません。正確な値を入力するようにして下さい。

「携帯電話」「現在のメールアドレス」は必須の項目ではありませんが、設定されておくとパスワードを忘れてしまった場合などにパスワードのリセットを行なうことができます。

「国/地域」は現在住んでいる地域をドロップダウンメニューから選択して下さい。通常は最初から「日本」が選択されているので変更は不要です。

以上の項目に入力が終わりましたら「次のステップ」と書かれたリンクをクリックして下さい。

 

「プライバシーと利用規約」が表示されます。

よく読んで頂き同意できる場合には末尾にある「同意する」をクリックして下さい。

入力された内容に問題が無ければこの時点でGoogleアカウントは作成されます。

アカウント作成はこれで終了です。

画面に表示されている「次へ」をクリックされるとアカウント情報の画面が表示されます。

 

 

「アカウント情報」の画面が表示されます。

 

まとめ

GoogleのアカウントはGoogleのアプリを使用する際には

必ず必要になりますし、

汎用性の高いアプリが多いので、使いこなすと非常に便利です。

 

Gmailも無料で使えるフリーメールですが、

フォルダを分けてメールの振り分けができたり、

ネットに限らずビジネスをしていく上では欠かせない

存在になっていきますので、作っておきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です