【噂と真実】アドセンス審査を通過するために必要なポイント

Googleアドセンスで収益を上げるためには

まずは2段階の審査を通過しなくてはなりません。

 

1度目は機械的な審査。

そして2度実際の人の目による審査です。

 

この記事では”実際に僕が審査に通った時の状態”と、

審査を通す確率を上げるために最低限抑えておきたいポイント

説明したいと思います。

 

巷で噂されている通過の条件

 

  • 独自ドメイン取得・設定
  • WordPressの登録
  • Google Search Console設定
  • Google Analyticsの設定
  • 記事を毎日更新すること
  • 30〜40記事を目安に書き溜めておく
  • 1記事あたり1000文字以上を目安に書く
  • 画像や動画、外部リンクは一切なし
  • 広告も貼ってはいけない
  • グローバルナビゲーションの設置(カテゴリー、このサイトについて)
  • プライバシーポリシーの設置(参考サイトからコピペ、Aboutページとサイドバーに設置)
  • お問い合わせリンク(フォームメーラー)

 

ざっとこんなところです。

Googleで『アドセンス 審査 通過条件』とかで検索して出てくると思います。

 

では実際に僕が審査通過した時の状態はどうだったのでしょうか?

 

実際に申請を通過した時のサイト状況

 

サイトの種類 ニュース・トレンド系
サイト開設 2/14
審査用の記事を書き出した日 5/1
申請した日 5/19
申請した日の記事数 33
申請した日のアクセス数 12PV
審査が通った日 5/21
審査が通った日の記事数 34
審査が通った日のアクセス数 9PV
記事の構成 画像2割:文字8割

上記のような状態でした。

 

では最初に紹介した”巷で噂されている通過条件”と

僕が審査通過した際の状態を細かく見比べていきます。

検索上位に出てくる審査通過のコツが本当なのでしょうか?

 

独自ドメイン取得・設定

→しました。

ちなみにドメインの取得はムームードメインで取得しました。

独自ドメインを取得すると必然的にサーバーと連携させる必要があります。

個人的にはxサーバーをおすすめいたします。

 

WordPressの登録

→しました。上記で紹介したxサーバーと連携させると簡単にできます。

 

Google Search Console設定

→未設定

 

Google Analyticsの設定

→未設定

 

記事を毎日更新すること

→これに関しては記事を書き溜めている間は、書ける日に書き溜めて

予約投稿という感じにしていました。

そして審査に出している間は1日1記事更新をしておりました。

 

30〜40記事を目安に書き溜めておく

→審査に出した際は32記事

審査に出してから3日目に通過通知がきましたので、その時点で

34記事であったと思います。

 

1記事あたり1000文字以上を目安に書く

→最低1000文字を意識して記事を書いておりましたので、

1000文字以下の記事はありませんでした。

 

画像や動画、外部リンクは一切なし

→画像はもちろん動画も貼っていました。

画像や動画など視覚的な印象が低すぎるもの、Googleがいうところの

価値のあるコンテンツとしてみなされないのでは?と判断したからです。

 

広告も貼ってはいけない

→審査中は少しでも確率を上げるために全部外しました。

記事を書き溜めているときはすこしでもお金になればいいと思い、

設置していました。

 

グローバルナビゲーションの設置(カテゴリー、このサイトについて、)

→唯一設定していたのはカテゴリーとメニューのみ

このサイトについてなどのページは用意しておりませんでした。

 

 

プライバシーポリシーの設置(参考サイトからコピペ、Aboutページとサイドバーに設置)

→サイドバーには人気の記事等を表示しておりました。

参照サイト等の記載はありませんでした。

 

お問い合わせリンク(フォームメーラー)

→未設定

 

 

 

と言った感じです。

僕が実際に審査を通過した際の感覚として

Google側としても広告を出すからには

人が集まる、価値のあるページに貼っていただきたいはずなので、

 

単純に考えて、

画像が全くなく、見た目に気を使っていない、文字だけのつまらないページを

誰がみたいと思うのか?って考えてしまったんですよね。

 

ページを作る側ではなく、実際に閲覧する側の気持ちになること

審査を通すためには1番大切なのかなって思います。

 

見る側の気持ちとしてはGoogleアドセンスとかぶっちゃけ関係ないし、

メニューやカテゴリーはしっかりあったほうが見やすいですよね?

 

その他の条件とされている

独自ドメインでなきゃダメとか、他の広告を貼ってはいけないって

いうのはあくまでもGoogle側の都合だとは思いますが、

今後広告を貼らさせていただく形になりますから、

そこはGoogle側の目線で考えた時に妥当なのかなとも思います。

 

他のサイトを見てみると、

『5記事で審査を通しました!』とか

『開設して3日で審査を通過する方法』なんてものもありましたので、

実際のところ審査基準は不明確な部分が多いです。

 

しかし、1度落ちてしまうと再審査に通りにくくなるという噂もありますので、

ここは少し大変でも、賭けにでるようなことはせず、

万全の状態で審査に望んだ方がいいかと思われます。

 

 

審査に落ちる原因【3パターン】

プログラムの条件が満たされていない

このケースは少ないようですが、

もしこの原因の場合は「AdSense ヘルプフォーラム」で質問してみてもいいと思います。

不十分なコンテンツ

記事数が足りていないケースです。

審査に通過したサイトにより異なりますが、概ね30〜40記事は必要だと思います。

ポリシーに準拠していないサイト

このケースで落ちると厄介なケースです。

記事の内容がよくても、ポリシー違反を見つて改善しないと審査は通らないからです。

このケースの場合も「AdSense ヘルプフォーラム」で質問してみるのがいいかと思います。

まとめ

今回は運が良かった可能性もありますが、これから申請する方や審査中の方の参考になればと思います。

以下は必ず初回申請の前に確認してください。

  • 30〜40記事を目安
  • 1記事1000文字以上
  • メニューやカテゴリーを設定する
  • 広告を設置していない
  • 規約に違反したり、不適切な記事を掲載していない

 

そして、下記の項目は申請時はしておりませんでしたが、

ゆくゆく必ず必要になってきますので、余裕のある方は

しておいた方がいいかと思われます。

  • Google Search Console
  • Google Analytics
  • グローバルナビゲーションの設置
  • プライバシーポリシーの設置
  • お問い合わせリンク

 

アドセンスのヘルプフォーラムの中で審査落ちをしている人が質問していましたが、

その方のサイトを見に行くとなんとなくですが、原因がわかります。

今回紹介した内容や、検索で出てくる内容はどれが正解かとは言えませんが、

もし、他のサイトも参考にしたいのであれば、

出来るだけ最近通過された方のアドセンス審査通過記事を読むことをおすすめします。

 

今回審査通過したサイトのURLは伏せていますが、

興味がある方はLINE@にて聞いていただければURLをお送りしますし、

審査に通したいブログの状態も無料で診断いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です